本文へスキップ

揚村鰹節商店は枕崎産の本物をお届けします。

TEL. 0993-72-0484

〒898-0008 鹿児島県枕崎市旭町72番地

揚村鰹節商店は、安心、安全な美味しい食材づくりにこだわります

◆ 揚村鰹節商店は、安心、安全な美味しい食材づくりにこだわります ◆

お客様へ

  • 当店は、こだわりの手作りで本物のかつお節を作り続けている店です。近海から南洋で獲れる鰹までその特長を活かし、店主みずから原料の鮮度、魚質(脂ののりぐあい)を吟味し、製造工程全般を指揮しながら作り上げた製品です。自信を持ってお届けいたします。
  • 当店のお客様情報、地元枕崎のイベントやミニ情報などは「店主のブログ」で紹介させていただいています。こちらからご覧ください。

 「枕崎鰹節」
商標登録証1
 「枕崎鰹節」
商標登録証2
「勝殿節」商標登録証  「勝姫節」商標登録証 
※ それぞれの画像をクリックすると拡大ページが表示されます。


かねはの勝殿節・勝姫節 ー 鰹枯本節

  • 鰹節には、鰹を煮熟したものを生利節(なまりぶし)、それを燻製し半乾燥状態のさつま節・それをさらに乾燥した荒節(あらぶし)があります。
    また原料の鮮度から厳しく吟味し一本一本手作りの製造工程を繰り返した鰹節をカビ付けし水分を抜くことにより熟成させる工程を繰り返す枯本節(かれほんぶし)があります。
    高級品とされる枯本節は、さらに職人の手で丁寧に日光など自然の力も借りて仕上げるとイノシン酸やビタミン類を豊富に含んだ風味豊かな味を生み出します。
  • 当店自慢の本物の本枯節「勝殿節(かつとのぶし)・勝姫節(かつひめぶし)」をぜひ一度ご賞味ください。商品案内はこちらからご覧ください。

鰹節メモ情報

「鰹節」は、神宮の祭神、天照大神(アマテラスオオミカミ)へ供える毎朝夕の大神饌(ダイシンセン)(食事)には欠かせぬ一品とされ続けており、他の魚族に勝る破格の待遇を受けていた。『勝』という縁起物にされる由縁である。

− 日本鰹節協会の鰹節辞典より抜粋 −

バナースペース

揚村鰹節商店

〒898-0008
鹿児島県枕崎市旭町72番地

TEL 0993-72-0484
FAX 0993-73-1054