鹿児島県かるた協会 本文へジャンプ
会則


イメージ 鹿児島県かるた協会会則

(名称)
第1条 本会は、鹿児島県かるた協会(以下「鹿県協」という。)と称する。

(事務所)
第2条 本会は、主たる事務所を会長宅に置く。

(目的)
第3条 鹿県協は、競技かるたを始めとする小倉百人一首の普及発展に努め、会員相互の親睦を図るとともに、鹿児島県の文化の向上に資することを目的とする。
 
(事業)
第4条 鹿県協は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
 (1) 全国競技かるた鹿児島大会
  (鹿県協主催(全日本かるた協会(以下「全日協」という。)公認)
 (2) 鹿児島県新春かるた大会(鹿県協主催)
 (3) 鹿児島県かるた選手権大会(鹿県協主催)
 (4) 公民館対抗かるた大会(鹿県協後援(鹿児島市教育委員会主催))
 (5) 公民館講座(鹿県協協力(鹿児島市教育委員会主催))
 (6) その他必要な活動

(会員及び会費)
第5条 鹿県協の会員(以下「会員」という。)は、第3条の目的に賛同する者をもって構成し、正会員が鹿県協総会での議決権を有する。
2 会員及び会費は、次のように区分する。
 (1) 鹿県協の目的に賛同して入会した者のうち、3月31日までに18歳に達している者を正会員とし、会費は5,000円とする。ただし、学生の会費は3,000円とする。
 (2) 鹿県協の目的に賛同して入会した者のうち、3月31日までに18歳に達していない者を准会員とし、会費を3,000円とする。
 (3) 鹿県協の目的に賛同して入会した団体を賛助会員とし、会費を5,000円とする。
3 家族内に複数の会員がおり、2人目以降の会員が未成年(または被扶養者)の場合、その会費は免除する。

(役員)
第6条 鹿県協の役員を次のとおり置く。
 (1) 会 長 1名   鹿県協を代表し、会務を統括する。
 (2) 副会長 2名以内 会長を補佐し、会長に事故のある時はその職務を代行する。
 (3) 理 事 若干名  協会の全般的な事項を協議するとともに、事務を遂行する。
 (4) 事務局 1名   対外的・対内的な事務を統括する。
 (5) 監 事 1名   会計を監査する。
2 役員は総会で定める。
3 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

(顧問)
第7条 鹿県協には、顧問を置くことができる。
2 顧問は会長が委嘱する。

(総会)
第8条 鹿県協の年度は4月1日から3月31日までとし、総会を毎年度1回開催する。
2 必要があれば、臨時に総会を開催することができる。
3 総会は、会長が招集する。
4 総会は、正会員の過半数の出席をもって成立する。ただし、委任する旨の連絡をした者は出席とみなす。
5 総会の議事は、出席者の過半数をもって決する。

(旅費の補助)
第9条 総会または役員会で承認された個人または団体の旅費の一部を予算の範囲内で補助することができる。
 (1) 鹿県協を代表して、全日協の総会・代表者会に参加する者
 (2) 全日協九州支部が開催する審判講習会または読手講習会に参加する者
 (3) 鹿児島県代表者として、全国小・中学生かるた選手権大会に出場する者
 (4) 鹿児島県代表校として、全国高等学校かるた選手権大会に出場する高等学校
 (5) 全国高等学校総合文化祭に出場する鹿児島チーム
 (6) ねんりんピックに出場する者
 (7) 国民文化祭に出場する者
 (8) その他、会長が認めた者
2 前項の各号に対する補助金の額は、総会で決定する。

(その他)
第10条 この会則で規定していない事項で必要なことは、会長が定める。

 付 則
この会則は、平成16年6月14日から施行する。
 付 則
この会則は、平成18年7月8日から施行する。
 付 則
この会則は、平成24年6月17日から施行する。
 付 則             
この会則は、平成25年1月12日から施行する。
 付 則
この会則は、平成28年5月29日から施行する。