鹿児島県指定無形民俗文化財   
   湯之尾神舞
(ゆのおかんめ)
  
       
       
 湯之尾神舞は、湯之尾神社にて、五穀豊穣・無病息災を祈願して行われる奉納舞です。毎年11
月23日の豊祭(ホゼ)の夜に奉納されています。
 神舞とは、国生みや天岩戸などの神話をもとにした演舞のことで、鹿児島ではカンメとも呼ば
れています。湯之尾カンメの起源は室町時代後期と推定されおり、五百年以上の歴史があると言
われています。
 かつては、旧暦霜月の満月の夜に、夜通し三十五番の舞が奉納されていました。現在は二十六
番の舞が継承されています。三年に一度の大祭では、そのすべての舞が奉納されます。また、大
祭以外の年には、約半数の舞が奉納されます。
 湯之尾小学校の児童もたくさん参加しています。