SOTECノートパソコン WinBook Eagle/X 300CTX  FC1C300TX バックライト交換

平成15年10月末オークションで入手しましたWinBook Eagle/X 300CTXの液晶が暗い為
バックライトを交換しました。(液晶TFT13.3インチ)

交換前


交換後


----------------------------------------------------------
作業前にACアダプター、バッテリー等を外しておきます。
初めてのバックライト交換です。
機種により構造もちがいますので挑戦される方は、自己責任で!

1、液晶部分解




1−1 上部ゴムクッションは、指の腹で横にスライドさせると外れます(両面テープ処理)
     ビス(ネジ)が現れます。・・・約φ2.35×5ミリ・・・2個外して保管

1−2 下部プラステック部は、直径1ミリ程の穴を安全ピンの先でこじると外れます(両面テープ処理)
     ビス(ネジ)が現れます。・・・約φ2.35×7ミリ・・・2個外して保管

2、液晶部前部額縁外し



前部額縁と後部カバーの間に親指の爪を入れ開いていきます。
(プラスチックより柔らかいものでしないと傷をつけてしまいます。)

後ろにいるのが監督小春ちゃん
う〜ん、少し片付けないと何屋さんなのか?

3、前部額縁を外したところ(写りが悪いです)


4、液晶左右のアルミ製ステーを後部カバーより外す。



5、液晶のサイドのビスを取りアルミステーを外す。
  (純正のバックライト蛍光管を使うと外す必要は、ないかもしれません)
  (外した方が作業が、し易くステーで他の部分も傷つけません。)


6、バックライト蛍光管のコネクターを外す。
  インバーター止めビス2個外す。
  ヒューズみたいな物?を外す。


7、キーボードの上にクッションを置き液晶を注意してひっくり返し
  液晶フレキシブルリード板のコネクターを外す。




コネクターを外した後、接着されたリード板を白い反射板?を変形させぬよう
慎重にはがします。

8、バックライト蛍光管カバーを外す。



止めてあるビス2本、黒いビニールテープをはがし
液晶周り縁右側の止めビスを2本外して
下部の液晶周り縁と蛍光管カバーの間に爪を入れ少し開き
蛍光管カバーを下にずらすと外れます。

9、蛍光管取り出し

白いカバーをめくり慎重に取り出して下さい


純正蛍光管279ミリ
入手した蛍光管284ミリ・・・う〜ん困りました。長すぎます。



蛍光管が収まっていた左側プラスチック部分と右側プラスチック部分及び液晶周り縁スチールを
ニッパーでカットしました。
アルミステーに膨らみがあったので、ぎりぎり284ミリの蛍光管が入ります。
蛍光管保持クッションが左右アルミステーの間に入りました。

今回の蛍光管のコネクターは、純正コネクターと同じ物でしたので半田付け作業をする事無く
余ったコードは、液晶の裏側へ押し込みました。

組み立ては、逆順で自己責任でお願いします。