瑞応院中興開山舜請の墓


【担当者コメント】
 舜請の墓は、枚聞神社の東側の住宅地内、日当たりの悪い場所に人知れずある。
 見るからに物悲しいお墓、もう少しなんとかならないものか。 

【「ふるさとの文化財」より抜粋】
 瑞応院中興開山舜請法印は、少納言阿闍梨(アジャリ)と号し、正中3年(1326年)に瑞応院を再興し、応永27年
 (1420年)11月27日入定、131歳だったと言われている。
 三基の宝筐印塔の中、舜請の墓だけは神社の方を向いて西向きになっている。これは、和尚がご神体ご化粧の不都合で
 神罰を受け、目玉が飛び出したことに深く懺悔し、生きたまま墓の中に入り、神社の方を伏し拝みながら七日七夜リンを
 鳴らしつづけて死んでいったからだといわれている。

 


天の岩屋の供養塔群 松原田観音寺跡石塔群 頼宋塚 九郎塚

 瑞応院跡 凱旋門 霧島神社

 玉の井 モクヨ山六地蔵塔 上仙田東屋敷供養塔群 上野神社周辺供養塔群


【ホーム】 【ご挨拶】 【基本理念】 【病院概要】 【外来のご案内】 【入院のご案内】 
【医師紹介】
 【交通のご案内】 【組織・各種委員会】 【個人情報保護】 【ギャラリー】 
【管理栄養士から】
 【リンク】 【遠距離介護】 【メール・写真送信サービス】