上仙田東屋敷供養塔群

【担当者コメント】
 上仙田東屋敷供養塔群は、上仙田の入り組んだ集落内の住宅の影にひっそりと位置している。
 上仙田地区は迷路のような集落なので、ここにたどり着くのはたいへんむずかしい。 

【「ふるさとの文化財」より抜粋】
 この土地を昔は、薩摩頴娃群仙田村東屋敷といっていた。この地に住んでいた六兵衛(戒名 月秋浄井上座)は
 伊勢神宮に3度、さらに熊野権現にもお詣りし、観音様33ヶ所を巡礼してこの世が幸福で、極楽に往生することを
 願ってこの六地蔵を建てた。時に元和8年(1622年)2代将軍徳川秀忠の頃である。

 



天の岩屋の供養塔群 松原田観音寺跡石塔群 頼宋塚 九郎塚

 瑞応院跡 瑞応院中興開山舜請の墓 凱旋門 霧島神社

 玉の井 モクヨ山六地蔵塔 上野神社周辺供養塔群


【ホーム】 【ご挨拶】 【基本理念】 【病院概要】 【外来のご案内】 【入院のご案内】 
【医師紹介】
 【交通のご案内】 【組織・各種委員会】 【個人情報保護】 【ギャラリー】 
【管理栄養士から】
 【リンク】 【遠距離介護】 【メール・写真送信サービス】