2003 10/26 元田安彦夫妻サプライズウェディング
これからご覧頂く結婚式は元田夫妻にとって、特にご主人の
安彦さんにとって一世一代の大プロジェクトのお話です。


挙式が行われる約4ヶ月前、2003 6月頃にご主人の安彦さんから「妻に喜んでもらえる結婚式がしたい」

との相談があり、ご主人と僕は数回会ってプランを考え、どうせなら奥さんをだましてしまおうというちょっといじ
悪な計画を立てた。ちなみにご主人は徳之島の出身、奥様は鹿児島のご出身です。まずご主人にこの数ヶ月
役者になってもらうよう依頼。元田夫妻は入籍してお子さんもいらっしゃるのですが記念に残る写真が一枚もないとのこと。
・・・・・・数日考えた後・・・・・
であれば
10/26に嘘のブライダルキャンペーンを行っているということで奥さんを写真撮影に誘い出し、野外撮影
会場に来ると二人の友人や家族が二人の到着を拍手で迎えるという設定にしようと決定。
もちろん友人や家族にも奥さんに
知られないよう何度も何度も口止めをするようご主人にお願いしました。。

下のチラシはそのときに作った真っ赤な嘘のウェディングキャンペーンのチラシです。
このチラシを決行の数週間前に見た奥さんはすっかりその気になっていたそうです。


約3ヶ月に及ぶ計画もいよいよ決行間近にせまり、挙式の1週間前、新郎安彦君と新婦智美さんの友人で衣装決め
智美さんとほぼ同じ体格、サイズの友人に同行してもらい衣装を選びました。
  


前日の10/25披露パーティーの会場づくりをする、友人達。
  

  


ここからの写真は
提供  スタジオカガワ

迎えた10/26挙式当日高鳴る気持ちを抑え平静を装い普段と同じように奥さんお子さんと家を

出て記念撮影がてらドライブに誘う旦那さん。スタジオに到着すると、撮影開始です。
 
何も知らないまま撮影会は進みます。智美さんはこの時、まさか
この後自分たちの結婚式が行われることなど夢にも思っていません。
    

一方会場の方も友人や知人が集まり、料理も並び二人を迎える準備が整いました
  


ここからがいよいよサプライズウェディングの始まりです。

スタジオ撮影を終え、野外撮影ということでいよいよ元田夫妻がパーティー会場に到着
二人を乗せた車が到着すると同時に友人達が大きな声で「おめでとう」「おめでとう」・・・・・
何がなんだか分からない状態の智美さん。二人の入場を拍手で迎える友人達。

 
人前結婚式前に今回の経過を聞き思わず涙が・・・・・・

と、そこへ奥さんの福岡、鹿児島の友人や、鹿児島の姉妹が到着。
まったく予想もしてなかった出来事の連続に智美さんの涙はしばらく止まりませんでした。

 

人前式



                                  改めて人前式を行った二人は友人達のライスシャワーの中、一時退場


結婚披露パーティー

乾  杯

 

会  食



お色直し後2回目の入場時には二人から列席者へキャンディーサービス


パーティーの間、幸多先生の気持ちいい SAXの音色が会場いっぱいに・・・・・。


友人達からのお祝いのメッセージ

友人の太鼓チーム「黒潮太鼓」による祝い太鼓




パーティーおひらき





・・・とここまではシナリオ通り・・・・・
ここからサプライズ第2弾
今回は新婦智美さんに内緒で・・・・・という計画でしたが、最後は新郎はもちろん列席者

全員を僕(丸野)がだましてしまおうとたくらみ、ミニ花火を準備。ミニ花火といってもほぼお祭りの
時に上がる大きさと同じくらいの花火です。

写真は「このボタンを押すと二人にステキなプレゼントが登場します、
では二人で一緒に押してください」 と説明をしてるとこです。
この時、新郎安彦君もまさか花火が飛び出すとは思ってません。


二人呼吸を合わせて「せ〜の!!」スイッチON

突然現れた30mのナイアガラに新郎も大喜び!!
 

もう言葉はいりません。。。お幸せに!!


二人を少し離れたところから見守る友人、知人、家族の皆さん


この仕事をさせていただいて、最高に嬉しい瞬間です。  ありがとうございました。(丸野)

今回はご主人の協力はもちろんのこと、島の友人や鹿児島・福岡の友人そして
なによりも、毎日顔を合わせてる安彦君のお母さん、数日に1回は電話のやりとりを
してるであろう智美さんの鹿児島のご家族、また美容室、写真スタジオ、音響照明、料理
施設を貸して頂いたホテル・・・・・また列席者をもビックリさせるため花火屋さんには
かなり無理をお願いして会場に誰も来ない時間、当日の早朝から仕込んでもらいました
すべての皆様のご理解とご協力で最高の演出をプレゼントすることができました。。
この場をおかりして御礼申し上げます。「ありがとうございました」

追伸 花火の打ち上げに際しては、徳之島消防署にて消防法
    の法的許可に基づいて行っております、ご安心下さい。