鹿篭の太鼓踊り

西鹿篭太鼓踊りビデオ上映 - YouTube

西鹿篭太鼓踊りビデオ上映 - YouTube 西鹿篭太鼓踊りビデオ上映 - MediaPlayer

「鹿篭の太鼓踊り」基礎データ

鹿篭の太鼓踊りは、枕崎市西鹿篭・東鹿篭に伝わる念仏踊り系の荘厳な太鼓踊りです。鉦一人、入れ鼓一人。大太鼓は「ナカオドリ」と呼ばれます。

「鹿篭の太鼓踊り」写真と解説

鹿篭の太鼓踊りは、新暦10月28日に西鹿篭の南方神社で、翌29日に東鹿篭の妙見神社(正式名称:天御中主神社)に奉納され、両日とも奉納後、地区内を回る。西鹿篭(山下・水流)太鼓踊り東鹿篭太鼓踊りの二踊り。それぞれ、鉦1人・入れ鼓1人・ナカオドリと呼ばれる大太鼓20名ほどと、歌い手で構成される。かつてはヒラオドリと呼ばれる踊り子もあったが、現在は廃止されている。鉦・入り鼓からナカオドリ、ヒラオドリへの年齢階梯制が見られたという。

カネ・入り鼓は振袖に花笠姿。カネは右手に鉦を、左手に橦木(T字型の桴)を持つ。入り鼓は首から胸の下に垂直に吊り下げた小太鼓を、両手に持った桴で叩く。ナカオドリは、浴衣に朱色の手ぬぐいを被って背中まで垂らす。顔の前にはベールを掛けて、顔を隠す。矢旗は背負わず、太鼓は肩から腹の前に垂直に吊り下げ、両手に持った桴で打つ。

隊形はカネ・入り鼓を取り囲むようにナカオドリが円陣を組む。歌い手はその外から歌う。

西鹿篭太鼓踊りの桴東鹿篭太鼓踊りの鉦・入り鼓西鹿篭太鼓踊り

2011年の東鹿篭ナカオドリは18人。この踊りは、東鹿篭地区の籠原、瀬戸口、中村、下園の四集落の踊り子で構成され、役員は4集落の持ち回り。以前は小園集落も加わっていた。この踊りは戦中に中断し、昭和25年ごろ1集落だけで復活。しかし、昭和30年代後半に再び中断。昭和48年に復活した後、現在まで続いている。

歌詞は次のとおり。

ヨツベ(四つ桴)踊りの歌詞

「熊谷次郎直実殿は敦盛殿を打ちふせた。敦盛殿は組み伏せられて世に苦しげの息をつく」

スイベ(摺り桴)踊りの歌詞

「ヘゴ(肥後?)の高城のニホノ松、ヘゴになびかぬニホノ松。音に聞こえし高砂の、松に映ゆるは常盤山」

ヒトツベ(一つ桴)踊りの歌詞

「淀の川瀬の水車、誰を待つやらくるくると。前は石川濁ごされた、人がにごせばぜひもない」

ヒッ(引き)踊りの歌詞

「川の瀬にそう鮎をとる。イーエ、イーエ、イーエ、イエ、サーラサラーアと鮎をとる」

ナカオドリの桴は「ベ」と呼び、タラの木製で、保存会の方によれば、「細工がしやすく、白いので神聖な木に思える」という。実測したものは、西鹿篭29センチ、東鹿篭30センチ、直径はいずれも約4センチ。

鉦の音と歌声とが重厚に響き、華やかさよりも荘厳さが強調された、念仏踊り系の太鼓踊り。

「鹿篭の太鼓踊り」記録映像・記録画像

西鹿篭太鼓踊り
西鹿篭太鼓踊り

YoutubeWMP

東鹿篭太鼓踊り
東鹿篭太鼓踊り

webアルバム


〔実地調査〕
2011.10.29 午後1時ごろから 妙見神社にて。

〔参考文献〕
小野重朗 1993 『南日本の民俗文化W 祭りと芸能』 第一書房。

鹿児島祭りの森