坊津のガラガラ船

坊津のガラガラ船ビデオ上映 - YouTube

坊津のガラガラ船ビデオ上映 - YouTube 坊津のガラガラ船ビデオ上映 - MediaPlayer

「坊津のガラガラ船」基礎データ

ガラガラ船は、郷土玩具の車付き帆掛け舟です。カラカラ船とも呼ばれ、端午の節句に子供たちが引っ張って遊びました。その風物詩を引き継いだ「唐カラ船祭り」(からからぶねまつり)は、こどもの日の楽しいイベントになっています。

「坊津のガラガラ船」写真と解説

坊津のガラガラ船写真南さつま市坊津町のガラガラ船(カラカラ船)は,舳先に付けた綱を引っ張って遊ぶ,郷土玩具の車付き帆掛け舟。実測したものは,船の長さ55p,幅22p,高さ14p。船体は木造。帆の幅は31p,高さ36p。帆は布製。

ガラガラ船は,遊びの少ない時代に,親が作ってくれたものという。漁師の家だけではなく,男の子がいるところはどの家でも作ってもらえた。この船は,毎年作り変えるということはしない。兄から譲られたりもする。船大工に頼むわけではなく,各家で手作りした。

泊地区では,近年こどもの日のイベントとして,「唐カラ船祭り」を催している。地区内の子供たちが「ハンヨーイ,サーサー」の掛け声で九玉神社までガラガラ船を引いて行列を作る。郷土芸能や餅撒き,カラカラ船競走と賑やに繰り広げられる。

ガラガラ船には,「サイの子(猿の子)」と呼ばれる布で作った人形がいくつも付けられている。泊区の公民館長さんによれば「昔,カツオ船が嵐にあったとき,どこからか猿の子がやってきて,帆を降ろしてくれた。船の守り神」と伝えられているという。またある人は,「風がサル(去る)」からつけているともいう。

私は,木造和船の造船に伴う,山と海の交流が感じられる習俗だと思われた。また泊では,鯉のぼりをあげないという。鯉のぼりをあげると「風が出るので」禁忌となっているようだ。


〔実地調査〕
2005.5.5/2013.5.5 午後2時30分から 鹿児島県川辺郡坊津町泊(現南さつま市坊津町泊)泊公民館〜九玉神社

〔参考文献〕
拙著:「坊津のガラガラ船」(『鹿児島民具』18号コラム記事、2006年、鹿児島民具学会)

鹿児島祭りの森