鹿児島民具学会

田の神

例会案内 会誌「鹿児島民具」 歩みと活動 会則 リンク サイトマップ

1 鹿児島民具学会とは

鹿児島民具学会は、暮らしや仕事、祭りの道具をとおして、鹿児島の伝統文化を考える研究会です。

2 主な活動内容

(1) 定例研究会―例会―

2ヶ月に一度、研究会を開催しています。民俗学・考古学・歴史学などの研究者や地域研究家が、さまざまなテーマで研究成果を発表します。藁細工体験教室や竹笛の演奏などもあります。
また、地方研究会として県内各地で実施することもあります。

例会はどなたでも参加できます
直接会場にお越しください。資料代500円(学生100円)。
時間はいずれも午後1時30分から午後4時30分までの予定です。

鹿児島民具学会2016年度例会日程
日にち 場所 研究発表1 研究発表2 研究発表3
第211回 5月9日(土) 鹿児島県歴史資料センター黎明館 M田甫氏 下野敏見氏  −
第212回 7月2日(土) 鹿児島県歴史資料センター黎明館 井上賢一氏 小島摩文氏 下野敏見氏
第213回 9月4日(日) <台風接近により中止>  −  −  −
第214回 11月13日(日) 鹿児島県歴史資料センター黎明館 川野博志氏 下野敏見氏 牧洋一郎氏
第215回 1月7日(土) 鹿児島県歴史資料センター黎明館 西野元勝氏 森田清美氏 牧洋一郎氏
第216回 3月第1土曜予定 未定 未定 未定 未定

例会の研究発表タイトルなどは、その都度ブログ内でお知らせします。
例会案内:ブログ内「鹿児島の民俗ニュース」


(2) 共同合宿調査

毎年一回、共同調査を実施します。史跡巡りや博物館・資料館の裏側も見ることができます。

最近の共同合宿調査
年度 調査日 調査地 参加 成果発表
2016 2016.9.15〜9.18 姶良市蒲生町各地 11名 鹿児島民具29号「蒲生町特集号」(2017、鹿児島民具学会)予定
2015 2015.9.17〜9.20 南さつま市金峰町各地 9名 鹿児島民具28号「金峰町特集号」(2016、鹿児島民具学会)
2014 2014.9.19〜9.22 南九州市頴娃町各地 15名 鹿児島民具27号「頴娃特集号」(2015、鹿児島民具学会)
2013 2013.9.21〜9.24 さつま町各地 13名 鹿児島民具26号「さつま町特集号」(2014、鹿児島民具学会)
2012 2012.9.14〜9.17 湧水町各地 16名 鹿児島民具25号「霧島山麓特集号」(2013、鹿児島民具学会)
2011 2011.8.27〜8.30 屋久島各地 9名 鹿児島民具24号「屋久島特集号」(2012、鹿児島民具学会)
2010 2010.8.28〜8.31 南大隅町佐多地区 10名 鹿児島民具23号「佐多特集号」(2011、鹿児島民具学会)
2007 2007.10.31〜11.4 西表島・石垣島 7名 鹿児島民具21号「西表島特集号」(2009、鹿児島民具学会)
2006 2006.11.18〜11.21 種子島各地 13名 鹿児島民具20号「種子島特集号」(2008、鹿児島民具学会)
2004 2004.7.23〜7.27 笠沙町中央公民館ほか 16名 同館収蔵民具調査報告書『笠沙の民具図録』(2004、笠沙町教委発行)
2002 2002.7.28〜7.31 下甑島各集落 8名 鹿児島民具16号「下甑島特集号」(2003、鹿児島民具学会)
2001 2001.9.6-9.10 上甑島及び中甑島 8名 鹿児島民具15号「上甑島特集号」(2002、鹿児島民具学会)

(このほか,大崎町,西之表市,喜界町などでも共同調査を実施しました)

鹿児島民具学会の歩みと活動


(3) 会誌「鹿児島民具」

年一回発行。会員は誰でも投稿することができます。最新号は2016.3発行の第28号。

会誌「鹿児島民具」既刊号目次

3 鹿児島民具学会役員・事務局

(1) 主な役員

会長:森田清美 副会長:橋口尚武

(2) 事務局

入会希望・会誌購入ほか鹿児島民具学会へのお問い合わせは、事務局まで。

【入会について】

入会希望の方は、メールでお知らせください。申込書と振込用紙をお送りします。年会費は2,500円です。

鹿児島民具学会会則

【このサイトの著作権】

「例会発表要旨」各記事の著作権は、各発表者にあります。それ以外の記事は鹿児島民具学会にあります。無断で記事の全文を転載することはお止めください。引用(一部転載)する場合は、鹿児島民具学会サイトからの転載であることを明記してください。また例会発表要旨については、発表者氏名を記して引用してください。


例会案内会誌「鹿児島民具」歩みと活動会則リンク - サイトマップ