本文へスキップ



鹿屋工業高校に測量機器を寄贈しました。

鹿児島建設新聞 2021年11月17日(水) 掲載

南日本新聞 2021年11月30日(月) 掲載
  

2021年11月16日に鹿屋工業高校へ測量機器(トータルステーション)を寄贈しました。
また、鹿児島建設新聞及び南日本新聞へ掲載していただきました。


         「鹿屋工業高校への測量機器の寄贈に際して」

                           技術部長 池田政治

鹿屋工業高校は本社に一番近い工業系の学校であり、当社技術部の職員として最も多くの卒業生が所属しています。昨年度においても、久々に新卒者を迎え入れることが出来、これからの活躍を大いに期待しているところです。

 今回、十数年ぶりに最新のトータルスーテションを購入したことに伴い、以前使用していた機器をどうするか思案した結果、まだ使用できる状態であることを踏まえ、鹿屋工業高校において技術の習得に利用してもらうことが一番の活用方法ではないかと考え、この寄贈に至りました。

今後も、このような教育環境への貢献が出来るように、技術部職員一同、技術研鑽に努め頑張っていこうと考えております。