アマミノクロウサギ、絶滅危惧種で奄美大島と徳之島にだけ生息している。お勧めはナイトツアー

 


 

◾アマミノクロウサギとは 

アマミのクロウサギ、学名 Pentalagus furnessi; 絶滅危惧種で、奄美大島と徳之島にだけ生息している。

森林伐採や、人による’環境破壊により減少。

原始的なウサギで体長約45cmくらいで、耳と足が短い。夜行性で夜しか見れないので、各ショップのナイトツアーに参加してください。

 

 

◾️Amami no Kurousagi



ゆっくり近ずくと、以外と逃げない。

自然ガイドのページに戻る